特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

福島第1原発事故

富岡で町民劇上演へ 全域避難家族描く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
説明会で町民劇の意義や内容について説明する青木淑子さん=福島県富岡町の町文化交流センター「学びの森」で2018年9月9日午前10時3分、吉田卓矢撮影
説明会で町民劇の意義や内容について説明する青木淑子さん=福島県富岡町の町文化交流センター「学びの森」で2018年9月9日午前10時3分、吉田卓矢撮影

 東京電力福島第1原発事故で全域避難となり、昨春に大部分で避難指示が解除された福島県富岡町で、来年1月に町民劇「ホーム」が上演される。企画しているのは、震災の語り部活動などを行うNPO法人「富岡町3.11を語る会」。同会代表で元高校教諭の青木淑子さん(70)は「演劇は一人ではできず、見る人もいないと成り立たない。演劇を通じて町民同士のつながりを強めたい」と意気込んでいる。

 劇の舞台は、今春、全域避難でばらばらになった家族8人が避難指示解除で帰郷を決めた祖母の引っ越しの手伝いに集まるところから始まる。家族それぞれの心にある古里とのつながりと、未来への思いを町民が演じて描き出す。脚本・演出を務めるのは、青木さんの教え子で福島県郡山市出身の演出家、野崎美子さん(56)。「一人一人が古里について考える作品にしたい」と話す。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文762文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集