メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西空港

17日ぶり全面復旧 第1ターミナル北側も稼働

 台風21号による被害を受けた関西国際空港は21日、第1ターミナル(T1)北側が稼働し、旅客施設が全面的に再開した。地下の電源施設やA滑走路が高潮で4日に浸水し、順次再開しているが、北側で停電が続いていた。第1・第2ターミナル全ての旅客施設が被災前の状態に戻るのは、17日ぶり。旅客便は発着で計471便(国内線128便、国際線343便)の運航が予定され、被災前の1日約480便と同水準まで回復した。

 貨物施設などは全面復旧に至っていないが、タンカーの衝突で不通になっていた空港連絡橋の鉄道も18日に…

この記事は有料記事です。

残り833文字(全文1082文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです