メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

小型探査ロボット2台投下 小惑星に向け

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、小惑星探査機「はやぶさ2」が同日午後1時6分、小惑星リュウグウに向けて小型探査ロボット2台を投下したと発表した。着陸に成功したかどうか、確認作業を続けている。

 2台はジャンプして移動する機能を持ち、着陸後にリュウグウ表面の画像撮影などに挑む。成功すれば、世界で初めて小惑星上で探査ロボットが移動しながら観測活動をすることになる。

 JAXAによると、はやぶさ2はリュウグウの北半球の高度約55メートルの地点から2台を切り離した。2台はいずれも円柱に近い形で、直径18センチ、高さ7センチ、重さ約1キロ。光や温度の状況によって自動でモーターを回転させ、跳ねるように別の場所に移動できる。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 世界のコロナ感染者1億人超え 収束見通し不明、2カ月半で倍増

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです