メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

安倍氏3選 首相在任、「史上最長」視野

自民党総裁に選ばれ、立ち上がって一礼する安倍晋三首相=東京都千代田区の同党本部で2018年9月20日午後2時10分、渡部直樹撮影

 安倍晋三首相が20日開票の自民党総裁選で3選を果たしたことで、通算の首相在任期間が歴代最長となる可能性が出てきた。来夏の参院選を乗り切って来年11月19日を迎えれば、戦前の桂太郎の2886日に並んで憲政史上最長になる。

 新たな総裁任期は2021年9月末までの3年間。衆院議員の任期満了日はその後の10月で、9月末まで首相在任を続ければ3567日となる。

 安倍首相の通算在任期間は17年5月に小泉純一郎氏の1980日を超え、20日現在は2461日で5位。…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです