メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

「モリ・カケ」反発露呈 党員票大差つかず

自民党総裁選の投開票が終了し、安倍晋三首相、石破茂元幹事長の議員票、党員票の得票数を示すモニター=党本部で2018年9月20日、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は自民党国会議員票で82%を得たのに対し、党員票は当初目標の「7割」を大きく下回る55%にとどまった。党員票でも圧勝して政権基盤を固めようとした首相陣営の目算は外れ、来年の統一地方選や参院選に向けた課題が浮き彫りになった。

 全国の党員の投票を合算してドント方式で配分した党員票は、安倍氏が55.3%に当たる224票、石破氏は44.7%の181票を獲得した。候補者が2人だったため、両氏の得票総数の比率が結果にほぼ反映された。

 合算前の都道府県別の両氏の得票率でみると、首相は地元・山口県で87.6%の高率だったほか、二階俊博…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです