メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍氏3選

通商いきなり正念場 「蜜月」問われる真価

安倍氏3選後の主な経済スケジュール

 安倍晋三首相が20日、自民党総裁3選を果たし、首相の経済政策「アベノミクス」が今後、最長3年続く見通しとなった。首相は景気回復の実績や通商政策の成果などをアピールするが、先行きには難題が横たわる。来週予定されるトランプ米大統領との日米首脳会談では貿易不均衡是正を厳しく迫られるのが必至。また、「デフレ脱却が最優先」と先送りしてきた財政再建や社会保障改革も待ったなしの状況だ。【安藤大介、大久保渉】

 「日米の通商関係の未来や、世界の新しい(貿易)ルール作りに向けて両国が果たす役割を大いに議論したい」。安倍首相は20日の自民党総裁3選後の記者会見で、来週開く日米首脳会談への意気込みを示した。

この記事は有料記事です。

残り1449文字(全文1745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです