メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発掘

岡崎城から「三つ葉葵」に金箔の瓦

徳川家の家紋「三つ葉葵」の表面に薄く付着している金箔=愛知県岡崎市提供

 愛知県岡崎市は20日、岡崎城跡(康生町)の発掘調査で、徳川家の家紋「三つ葉葵(あおい)」に金箔(きんぱく)が施された瓦1点が見つかったと発表した。江戸時代初期のものとみられるという。

     見つかった瓦は、棟と呼ばれる頂上部に装飾として取り付けられる「小菊瓦」で、直径約11センチ。徳川家の「三つ葉葵紋」の表面に金箔が付着していた。今月6日、天守台北側の石垣を調査していた市教委の学芸員が基礎の「根石」にあたる地中約10センチで見つけ、洗浄して金箔を確認した。

     17世紀前半(慶長・元和・寛永)の瓦とみられ、同市教委は「城主を務めた譜代大名の本多家が城内に建立した東照宮か、徳川家光が上洛する際に立ち寄った御殿の可能性が高い」としている。

     これまで金箔が施された「三つ葉葵」が入った瓦は、名古屋城(名古屋市中区)と徳川家の菩提(ぼだい)寺「増上寺」(東京都港区)で見つかっているが、同市は「徳川の家紋に金箔を施した瓦としては最も古い」と推測。中近世の城郭に詳しい中井均・滋賀県立大教授は「家康誕生の城として金箔瓦が使用された可能性が高く、貴重な発見だ」とコメントしている。【亀井和真】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
    2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
    3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
    4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
    5. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです