メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(9)井浦新VS白石和彌監督対談(上) 若松役演じ「幸福感」

 連載企画「若松孝二とその時代」第9回は、若松プロの新作映画「止められるか、俺たちを」(10月13日公開)で若松孝二監督役を演じた井浦新(あらた)さんと、若松監督の愛弟子で本作で監督を務めた白石和彌さんの対談(前半)をお届けする。

 井浦さんは「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」(2008年)以降の全作品に出演し、若松監督の晩年の快進撃を支えた俳優だ。若松監督について「自分にとって映画作りとその姿勢を教えてくれた恩師、師匠であり、時としてオヤジのような存在だった」と振り返った。そうした存在を演じるプレッシャーの中で始まった撮影は「何ものにも代え難い感情を残してくれた」と言う。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4214文字(全文4514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  3. 神戸教諭いじめ 加害者の男性教員が児童骨折させる 他にも問題行為か

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「いけないことを教える立場が」「人間として恥ずべき」神戸教諭いじめ 謝罪コメント要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです