メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(9)井浦新VS白石和彌監督対談(上) 若松役演じ「幸福感」

 連載企画「若松孝二とその時代」第9回は、若松プロの新作映画「止められるか、俺たちを」(10月13日公開)で若松孝二監督役を演じた井浦新(あらた)さんと、若松監督の愛弟子で本作で監督を務めた白石和彌さんの対談(前半)をお届けする。

 井浦さんは「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」(2008年)以降の全作品に出演し、若松監督の晩年の快進撃を支えた俳優だ。若松監督について「自分にとって映画作りとその姿勢を教えてくれた恩師、師匠であり、時としてオヤジのような存在だった」と振り返った。そうした存在を演じるプレッシャーの中で始まった撮影は「何ものにも代え難い感情を残してくれた」と言う。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4214文字(全文4514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです