メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(9)井浦新VS白石和彌監督対談(上) 若松役演じ「幸福感」

 連載企画「若松孝二とその時代」第9回は、若松プロの新作映画「止められるか、俺たちを」(10月13日公開)で若松孝二監督役を演じた井浦新(あらた)さんと、若松監督の愛弟子で本作で監督を務めた白石和彌さんの対談(前半)をお届けする。

 井浦さんは「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」(2008年)以降の全作品に出演し、若松監督の晩年の快進撃を支えた俳優だ。若松監督について「自分にとって映画作りとその姿勢を教えてくれた恩師、師匠であり、時としてオヤジのような存在だった」と振り返った。そうした存在を演じるプレッシャーの中で始まった撮影は「何ものにも代え難い感情を残してくれた」と言う。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4214文字(全文4514文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ジョンソン前外相が英保守党新党首に 24日に首相就任

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです