メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 宮城・気仙沼の大谷海岸 地域の象徴、砂浜残った

大谷小学校では震災前、恒例だった砂浜で6年生全員が写る卒業アルバム用の集合写を、8年ぶりに撮ることができた。津波で犠牲になった大谷幼稚園時代の同級生6年生(3列目左から2人目)の写真も一緒だった=宮城県気仙沼市本吉町で2018年7月10日、梅村直承撮影

 「魚がいる!」「冷たい」。波打ち際ではしゃぐ子どもたち。7月10日、歓声が海に戻った。

 宮城県気仙沼市本吉町にある大谷(おおや)海岸。緑の松原を背に、2キロに及ぶ遠浅の砂浜が続き、「日本の水浴場55選」に選ばれた国内有数の海水浴場だった。東日本大震災で最大20メートルの津波に襲われ、松原は消え去り、砂浜はえぐられ姿を変えた。遊泳禁止が続き、いつもは人影がない。

 震災前、JR気仙沼線の大谷海岸駅の目の前にあり、県内外から年間6万人以上が訪れた。地域のシンボルだ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです