メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義

 7月に始まった夏ドラマが続々と千秋楽を迎えている。今シーズンの最大の特色は、いつも以上に「原作もの」が多かったことだ。

 まず、いまや主流ともいえる漫画が原作の作品として「義母と娘のブルース」(TBS系)、「この世界の片隅に」(同)、「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)などがあった。また原作小説を持つのが「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ系)、「ハゲタカ」(テレビ朝日系)、「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)などだ。

 他には韓国ドラマを原作とする「グッド・ドクター」(フジ系)、同名の映画が原作だった「チア☆ダン」(…

この記事は有料記事です。

残り775文字(全文1049文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 皇后さま84歳 陛下と静かに心豊かに 探偵小説楽しみに
  3. 有害物混入ワイン ネットで落札 30年以上前に製造
  4. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人
  5. 女の気持ち 命日のサンマ 札幌市中央区・堀川真弓(無職・68歳)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです