メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

オータム・クラシック 羽生、復帰戦SP首位 スピンミス「演技に失望」

 【オークビル(カナダ)共同】フィギュアスケートのオータム・クラシック第2日は21日、カナダのオークビルで行われ、男子ショートプログラム(SP)で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が97・74点をマークし、2月の平昌五輪以来となる右足首故障からの復帰戦で首位発進した。

 羽生はサルコウ、トーループの2種類の4回転ジャンプを決めたが、スピンでミスがあった。車俊煥(韓国)が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. フィギュアスケート 世界選手権 羽生、情感と執念の2位 鬼門のループ成功
  4. 習志野が好走塁 1点を追加しリード広げる
  5. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです