メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊手術 28人の個人記録発見 県内の医療機関など調査 /青森

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの強制不妊手術が行われていた問題で、県は21日、青森、八戸両市を除く県内の医療機関などを対象にした調査の結果、4カ所でカルテなど27人分の個人記録が残されていたと発表した。青森市でも1カ所で1人分の記録が残されていた。

 調査は、不妊手術の個人記録が見つかるなどした都道府県保管の書類とは別に、…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  4. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  5. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです