メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

障害者不妊手術、記録8人分発見 県が福祉施設調査 /新潟

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者に不妊手術を強制していた問題で、県は21日、厚生労働省からの依頼で実施した調査により県内の福祉施設7カ所から計8人分の手術を受けたとされる個人記録が見つかったと発表した。

 県内ではこれまで手術を受けたとみられる計11人分の個人記録が発見されている。今回の8…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 十三人の刺客

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  4. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです