メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学ぶ

活動紹介 高島市立今津中学校「今中カフェ」 学校運営に住民参画 /滋賀

文化祭の準備に取り組む生徒と会話する「今中カフェ」参加の住民=滋賀県高島市の市立今津中で、塚原和俊撮影

 高島市立今津中学校の教室を使って毎月第3水曜の午後に開かれている「今中カフェ」に、地域の高齢者らが集う。市社会福祉協議会の取り組みで、コーヒーを飲みながら住民の交流や居場所づくり、地域の課題をキャッチしたり解決したりする場になっている。

 「今中カフェ」は3年前に始まったが、場所を提供する今津中にとって今年度、新たな役割が加わった。コミュニティ・スクール(学校運営協議会設置校)の機能としての位置付けだ。文部科学省が「地域とともにある学校づくり」を推進。昨年の法改正で導入へ努力義務が盛り込まれ、高島市教委は今年度、小中学校19校全校に導入した。

 学校運営協議会には保護者代表や地域住民らも委員に選ばれ、教職員側とともに学校運営に参画する。文科省…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文723文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです