メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

声かけが生む、駅の安全 全盲の落語家・桂福点さん /大阪

視覚障害者役(右から2人目)を電車内へ案内する練習をする男性。左は桂福点さん=大阪市阿倍野区松崎町1のJR西日本大阪支社で、花岡洋二撮影

視覚障害者ガイド、JR西で初講習

 全盲の落語家、桂福点さん(50)=大阪市東淀川区=が18、19両日、電車内や駅構内で視覚障害者を手引きするための実践的なガイド講習をJR西日本大阪支社で開き、若手の駅員や車掌、運転士ら計約180人が受講した。福点さんは「駅の安全は、温かい手と言葉による人のつながりから」と訴えた。【花岡洋二】

 講師は福点さんと、ガイドヘルパーの養成・派遣会社「ぽりに」(大津市)の管理者、大谷幸代さん(42)…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文723文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです