メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法16年 補助犬への理解深めて 尼崎で写真展 /兵庫

補助犬への関心を深めてもらおうと始まった写真展「介助犬デイジーと仲間たち」=尼崎市東難波町5の画廊喫茶「蜜」で、高尾具成撮影

訓練や生活風景など

 補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)への理解や関心を深めてもらおうと、尼崎市東難波町5の画廊喫茶「蜜」で21日、写真展「介助犬デイジーと仲間たち」が始まった。

 デイジーは雌のラブラドルレトリバーで6歳。「日本介助犬使用者の会」会長の木村佳友さん(58)=宝塚市=の生活を支える介助犬で、補助犬を巡る社会の課題などを考えてもらおうと、木村さんと共に各地で講演やデモンストレーションを続けている。

 補助犬は2002年に成立・施行された身体障害者補助犬法(補助犬法)に基づき認定されており、障害のあ…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文685文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  2. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです