メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の全国交通安全運動

夕暮れ時の運転、事故防止を啓発 /和歌山

交通安全のチラシを配る警察官や交通安全大使「ソレイユ」の大学生=和歌山市高松1のメッサオークワ高松店で、後藤奈緒撮影

 秋の全国交通安全運動が21日、始まった。県内各所で街頭活動や通学路の交通取り締まりを通じて安全を呼びかける。30日まで。

 県警によると、子供と高齢者の事故防止▽夕暮れ時と夜間の事故防止▽シートベルト、チャイルドシートの装着徹底▽飲酒運転の根絶-を重点に取り組む。県内の各警察署がチラシ配布や、自動ブ…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです