池田動物園

園の「顔」、大地(エゾヒグマ)とハタリ(ホワイトライオン) 今月、相次ぎ死ぬ 園内に献花台、好物供え /岡山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
果物や野菜が入った氷をなめるエゾヒグマの「大地」=岡山市北区京山2の池田動物園で2016年8月17日、久木田照子撮影
果物や野菜が入った氷をなめるエゾヒグマの「大地」=岡山市北区京山2の池田動物園で2016年8月17日、久木田照子撮影

安らかに眠ってね

 池田動物園(岡山市北区京山2)で飼育されていたエゾヒグマの「大地」(オス、23歳)とホワイトライオンの「ハタリ」(オス、10歳)が今月、相次いで死んだ。園内では現在、献花台を設けている。お別れ会は後日、開く予定。【戸田紗友莉】

 大地は北海道のクマ牧場で生まれ、2000年に池田動物園へやって来た。名前は一般公募で決まり、園内のさまざまなイベントに参加するなど人気を博していた。おとなしい性格だったが、時にオスらしいしっかりとした一面を見せていたという。今年6月ごろから足腰に異常が見られ、7月下旬から展示を中止していた。今月13日に息を引き取ったことが確認され、死因は心不全…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文740文字)

あわせて読みたい

注目の特集