メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

地元の花火「絶やさぬ」 大量在庫、工場被災 創業110年・牛尾煙火製造所、来夏へ奮闘 /広島

 西日本豪雨では夏の風物詩の花火大会が相次ぎ中止に追い込まれ、県内で唯一製造から打ち上げまで手掛ける牛尾煙火製造所(西区)では、今夏用に製造した花火約2万発の半分が行き場を失った。工場も被害を受け経営の厳しさは増すが、牛尾彰彦社長(52)は「地元製の花火は絶やせない」と来夏へ準備を始める。

 豪雨に伴う交通網の寸断や被災者への配慮を理由に、納品予定だった大小約60の大会なども半数が中止となった。大量の在庫を抱えることになり、費用回収の見通…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. ORICON NEWS 逆ナンにハマる肉食女子や“やっちゃう系”のヅカ女子に密着
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです