メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

地元の花火「絶やさぬ」 大量在庫、工場被災 創業110年・牛尾煙火製造所、来夏へ奮闘 /広島

 西日本豪雨では夏の風物詩の花火大会が相次ぎ中止に追い込まれ、県内で唯一製造から打ち上げまで手掛ける牛尾煙火製造所(西区)では、今夏用に製造した花火約2万発の半分が行き場を失った。工場も被害を受け経営の厳しさは増すが、牛尾彰彦社長(52)は「地元製の花火は絶やせない」と来夏へ準備を始める。

 豪雨に伴う交通網の寸断や被災者への配慮を理由に、納品予定だった大小約60の大会なども半数が中止となった。大量の在庫を抱えることになり、費用回収の見通…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
  2. 人生相談 「親切」と「洗脳」の違いって何=回答者・光浦靖子
  3. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  4. 米シアーズ 破綻 負債最大5.6兆円
  5. 地域ブランド調査 やっぱり函館が一番魅力的 北海道「都道府県」では10連覇

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです