メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就活ルール

2021年、ひとまず維持 政府、外資にも要請へ 経団連は指針撤廃

新卒の採用活動、こう変わる

 政府は21日、現在の大学2年生が対象となる2021年春入社の就職・採用活動について、会社説明会などを大学3年の3月、面接などの選考活動を4年の6月に解禁する現行ルールを継続する方針を固めた。今後、経済界、大学側と調整に入る。これまで解禁日などを定めた採用指針を示してきた経団連でなく、政府が主導することになる。【横山三加子】

 経団連は10月9日に開く幹部会議で、21年春入社の採用から採用指針の廃止を打ち出す見通し。

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1364文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです