メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

福島農産物で綱引き 11月、輸入解禁問う住民投票

農業博覧会での千葉県のブース。日本で放射性物質について厳しい規制基準が設けられていることをパネルで説明している=台湾桃園市で5月、町野幸撮影

 台湾が11月、福島の原発事故で輸入を禁じた福島など5県の農産物を巡り、輸入解禁の是非を問う住民投票を行う見通しだ。日本の農産物輸出総額の1割強を占める台湾の解禁は禁輸対象自治体の悲願だが、反対が上回れば遠のく。東日本大震災から7年半が過ぎてもなお、原発事故が農産物輸出の現場に影を落としている。【桃園(台湾北西部)で町野幸、台北・福岡静哉、北京・赤間清広】

この記事は有料記事です。

残り1653文字(全文1832文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  3. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  4. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  5. 米大統領杯は137センチ、30キロ トランプ氏から朝乃山へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです