メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

自然に優しいプラ素材あるの? 動植物由来 高価で普及せず=回答・五十嵐和大

堆肥(たいひ)の中で分解が進む生分解性プラスチック製ボトル。左から分解前、2週間後、4週間後、6週間後=日本バイオプラスチック協会提供

 なるほドリ 土の中などで自然に分解するプラスチックがあるって聞いたけど。

 記者 生分解性(せいぶんかいせい)プラスチックのことですね。生分解とは自然界に存在する微生物(びせいぶつ)や酵素(こうそ)の働きで、水や二酸化炭素などに分解されることを言います。トウモロコシやカニの甲羅(こうら)など動植物由来の原料(バイオマス)でプラスチックを作れば、使った後に放置しても地中などで分解するのです。

 Q 普通のプラスチックは何が問題なの?

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです