メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

自然に優しいプラ素材あるの? 動植物由来 高価で普及せず=回答・五十嵐和大

堆肥(たいひ)の中で分解が進む生分解性プラスチック製ボトル。左から分解前、2週間後、4週間後、6週間後=日本バイオプラスチック協会提供

 なるほドリ 土の中などで自然に分解するプラスチックがあるって聞いたけど。

 記者 生分解性(せいぶんかいせい)プラスチックのことですね。生分解とは自然界に存在する微生物(びせいぶつ)や酵素(こうそ)の働きで、水や二酸化炭素などに分解されることを言います。トウモロコシやカニの甲羅(こうら)など動植物由来の原料(バイオマス)でプラスチックを作れば、使った後に放置しても地中などで分解するのです。

 Q 普通のプラスチックは何が問題なの?

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです