メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

審判トランプ流

米中間選挙2018/上 「岩盤」熱狂、党には冷淡 大統領の遊説、視線は再選

選挙集会で「米国を再び偉大に」と訴えるトランプ大統領=中西部インディアナ州エバンズビルで8月30日、高本耕太撮影

 トランプ米大統領にとって初の信任投票とも言える中間選挙が11月6日に実施される。国内経済の好調が続く中での争点は、昨年1月の就任以来、「自分流」を貫くトランプ氏そのものだ。従来の共和、民主の両党対立にトランプ支持層という新たな極が加わった米政治の現場を追った。

    ◇

 8月下旬の昼下がり、米中西部インディアナ州エバンズビル。市中心部が静まりかえる中、翌日にトランプ氏の選挙集会が開かれる多目的アリーナの周辺には人が集まっていた。列の先頭にいた元学校職員のシャロン・アンダーソンさん(62)は南部テネシー州から娘の運転する車で6時間かけてやって来た。集会参加は5回目だ。「トランプ大統領の話を聞いているときは、すごい高揚感なの。元気をもらえる」

 集会当日の昼、開場を待つ人々の列は3000人になっていた。夢を抱き、夜行列車に乗る若者を描いた19…

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1630文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  4. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです