メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の教訓

リーマン・ショック10年 インタビュー/3 米、収益モデル転換 前日本取引所グループCEO・斉藤惇氏(78)

斉藤惇氏=古屋敷尚子撮影

 --リーマン・ブラザーズ破綻で株価が急落し、世界市場も大荒れとなりました。

 ◆リーマン・ショックが起きた2008年9月前の米国経済はまさにバブル状態だった。私は「バブルがはじけて世界経済は大きな悪影響を受けるだろう」と思っていた。しかし、影響度合いは想像以上だった。

 --危機の予兆はあったのですか?

 ◆東京証券取引所の社長をしていた08年初めごろ、リーマンのファルド最高経営責任者(CEO)と会った…

この記事は有料記事です。

残り717文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 北大、脅迫メールで「金葉祭」中止を発表 イチョウ並木ライトアップのイベント

  3. アクセス 氷河期世代、40代後半定義外? 兵庫・宝塚市の支援対象に抗議相次ぐ

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです