日米貿易協議

24日に 自動車輸入制限回避が焦点

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 茂木敏充経済再生担当相は21日の閣議後の記者会見で、日米両政府による閣僚級貿易協議(FFR)を24日にニューヨークで開くと発表した。26日の日米首脳会談を控え、日本はトランプ大統領の関心が強い自動車や農業分野で貿易促進策をどう提示し、トランプ米政権が検討する自動車・同部品の輸入制限を回避する道筋を付けられるかが焦点となる。

 茂木氏と米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が出席し議論する。茂木氏は会見で「日米双方の利益となるウィンウィンの関係をどう築いていくかを基本に考えていきたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文873文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集