メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

在留外国人の急増 今回のゲスト 毛受敏浩さん(その1)

談笑する毛受敏浩さん(右)と森健さん=東京都千代田区で

 日本に移住する外国人が急激に増加している。日本政府は「移民政策はとらない」としているが、本当にそれですむのか。受け入れ態勢の課題や展望について、公益財団法人・日本国際交流センター執行理事の毛受敏浩さんを招き、議論してもらった。【構成・栗原俊雄、写真・根岸基弘】

移民政策をタブー視、政府は自治体任せ

 森 在留外国人は6月末で263万人と、過去最多を更新し続けています。その割に、日本人にあまり意識されていない気がします。

 毛受 ええ。これまで外国人は忘れられ、過小評価されてきた存在でした。政府は移民政策はとらないという…

この記事は有料記事です。

残り1922文字(全文2182文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです