メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森健の現代をみる

在留外国人の急増 今回のゲスト 毛受敏浩さん(その2止)

 森 外国人の人口割合が12%と高い東京都新宿区など、各地域でさまざまな団体が取り組んでいますね。

 毛受 たとえば群馬大では県と協力して「多文化共生推進士」を養成しています。地域の外国人住民の急増と集住化を受けて、多文化共生に貢献できる人材を育てるものです。また、自治体やさまざまな団体などが、外国人に分かりやすい「やさしい日本語」をパンフレットなどで使用しています。このように日本では草の根、グラスルーツでは外国人定住者とのつながりを支援する運動は盛んです。

 森 それをつなぐ国の制度が求められますね。単なる労働力ではなく、日本での生活者として、安心できる社会保障や教育が整備されなければ居つかない。また不安や不満が問題化しそうです。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  2. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 死者が出ないと動かないのか 厳罰化と加害者の情報開示を スマイリーキクチさん

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです