メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

広島7-3阪神 新井激走、コイM3

【広島-阪神】八回裏広島1死二塁、新井が右越え適時三塁打を放つ=幾島健太郎撮影

 (22)マツダスタジアム(広島13勝9敗)

阪神 003000000=3

広島 00002023×=7

 <勝>一岡 5勝6敗1S 登板56

 <敗>能見 3勝3敗1S 登板37

 広島が逆転勝ちし、優勝マジックを3に減らした。七回に鈴木の適時打で追い付き、松山の遊ゴロ失で勝ち越した。八回は新井の適時三塁打などで3点を加えた。阪神は三回に3点先取したが、救援陣が踏ん張れず、守備も乱れた。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文738文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです