メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

東レ・パンパシフィック・オープン 大坂、地力4強

ストレート勝ちで、準決勝進出を決めた大坂=渡部直樹撮影

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第5日は21日、東京・アリーナ立川立飛でシングルス準々決勝があり、全米オープンで男女を通じて日本選手初の4大大会シングルス制覇を果たした世界ランキング7位の大坂なおみ(日清食品)が25位のバルボラ・ストリコバ(チェコ)を6-3、6-4で降し、準決勝に進出した。4強入りは準優勝した2016年以来。

 22日の準決勝では37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦する。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです