メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 除斥根拠「賠償請求権なし」 国、書面で主張 東京訴訟

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、東京都内の男性(75)が東京地裁で国に賠償を求めている訴訟で、約60年前の手術自体が違法だったとする原告側の主張に対し、国側が民法の「除斥期間」を理由に賠償請求権が消滅したと反論する。関係者が取材に明らかにした。旧優生保護法を巡る一連の訴訟で国側が除斥期間を主張するのは初めて。次回の期日に向けて地裁に提出した書面に記載した。

 民法は除斥期間について、不法行為から20年で賠償請求権が消滅すると規定している。関係者によると、原…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文882文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです