メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
雑記帳

長野市と長野県松本市は21日…

長野市の加藤久雄市長=長野市役所で2018年9月21日午後1時29分、安元久美子撮影

 長野市と長野県松本市は21日、「高齢者の定義を75歳以上に引き上げよう」との提言を発表した。市民の意識を変え、高齢者に活躍してもらうのが狙い。「65歳からは人生の全盛期」として雇用促進も目指す。

 日本老年学会などが昨年、「65歳以上の人は10~20年前に比べて体力面などで若返り、『高齢者』を75歳…

この記事は有料記事です。

残り125文字(全文275文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです