メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カーシェア増

車は私的空間…商談、カラオケ、仮眠で利用

カーシェアリングの車両を利用して得意先に電話をかける生命保険会社の営業マン=東京都立川市で2018年8月30日午後4時、松本尚也撮影

 1台の自動車を複数で共同利用する「カーシェアリング」が普及する中、車を電話や仮眠のほか、子どもの夜泣きの避難、カラオケなどの場として活用する人が増えている。背景には、車を移動手段としてだけでなく、利便性の高い「空間」と捉えるようになった意識変化がある。【松本尚也】

 残暑厳しい8月下旬、東京都立川市内の駐車場。中堅生命保険会社営業マンの田子洋光さん(32)は専用カードをかざして解錠した車内に乗り込み、得意先に電話をかけた。空調の利いた空間で商談が進む。

 田子さんが利用したのはオリックス自動車のカーシェアサービス。徒歩での営業回り中、スマートフォンの専…

この記事は有料記事です。

残り740文字(全文1018文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  2. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  3. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  4. 爆発 マンション駐車場で車大破 1人けが 大阪・東淀川
  5. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです