メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者雇用

働きやすい環境工夫 静岡の民間企業

村上開明堂の藤枝工場作業所で空箱の清掃をする障害を持つ男性たち=島田信幸撮影

 障害者雇用の水増し問題で、静岡県内でも県や静岡市などの行政機関で不適切な雇用率算定が相次いだ。一方、民間では工夫を凝らして就労支援を進める企業もある。働く現場からは、一連の問題について「障害者が働きやすい環境は何か、行政が考え直すきっかけにしてほしい」との声が上がる。【島田信幸】

 「お疲れ様です」。9月中旬、バックミラー製造会社「村上開明堂」(静岡市葵区)の藤枝工場で知的障害を持つ男性が元気にあいさつした。男性は工場一角の作業所でミラーを運搬するための空箱を次々に掃除する。残った異物やほこりでミラーが傷つくことを防ぐためだ。

 同社は2017年2月に障害者の就労訓練のための作業所を新設した。藤枝市の社会福祉法人「ハルモニア」…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです