日清食品

「うどん県」改め「謎肉県」?キャンペーン

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日清食品はカップヌードルの人気具材「謎肉」の生産量で香川県が世界一であることを受け、「うどん県」だけでなく「謎肉県」としても知ってもらうためのキャンペーンを開始する。同県出身の俳優・要潤さんを起用した=日清食品提供
日清食品はカップヌードルの人気具材「謎肉」の生産量で香川県が世界一であることを受け、「うどん県」だけでなく「謎肉県」としても知ってもらうためのキャンペーンを開始する。同県出身の俳優・要潤さんを起用した=日清食品提供

 日清食品(東京都新宿区)は、主力商品カップヌードルの「謎肉」と呼ばれる具材の生産量で「世界一」という香川県をクローズアップした企画を22日から始める。2011年に「(香川県を)うどん県に改名します」と訴えて話題となった県観光協会のPR動画で「副知事」役を務めた同県出身の俳優・要潤さんが、うどん県だけでなく「謎肉県として盛り上げたい」と持ちかけて実現した企画との触れ込みだ。18日にカップヌードル発売から47年を迎えたことを受けたキャンペーン。

 「謎肉」はカップヌードルに入っているサイコロ状の肉で、かつて原材料が明かされていなかったことから、消費者にそう名付けられた。09年にチャーシューをカットした「コロ・チャー」に切り替わったこともあったが、惜しむファンの声を受けて15年に復活。昨年の発売開始46年記念にサイト上で「豚肉と大豆由来の原料に、野菜などを混ぜて味付けしたミンチ」と初めて正体を公開。今年は「香川でもっとも生産されている」とい…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文784文字)

あわせて読みたい

ニュース特集