メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

貨物の復旧遠く かさむ輸送費、企業ため息

車両整備工場で泥が付いたままの車両を整備する航空会社社員=関西国際空港で2018年9月21日午前11時55分、山田尚弘撮影

 台風21号で被害を受けた関西国際空港では21日、旅客施設が全面的に営業を再開した。しかし、国際貨物地区は被害の爪痕が今なお残る。各航空会社も被災状況の確認や作業車両の点検に追われており、荷さばき能力は今月中に8割程度まで回復するとみられるが、完全復旧の時期までは見通せない。西日本の企業やメーカーには別の国際空港からの輸出入を迫られるところもあり、かさむ輸送費にため息をつく。

 関空1期島の南側に位置する国際貨物地区。全日空は同日、毎日新聞の取材に応じ、地区内の車両整備場の様…

この記事は有料記事です。

残り849文字(全文1088文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです