メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

就活

通年採用拡大で形骸化も

合同会社説明会に参加する学生たち=名古屋市港区で2018年3月1日、木葉健二撮影

 政府が2021年春入社の採用までは現行ルールを継続する方針を固めたのは、大学側からルールの存続を求める声が強かったためだ。日程が迫っている21年春は、混乱を避けるために従来通りのスケジュールのままだが、その先は今後の議論次第。新卒一括採用や終身雇用など日本型雇用慣行とも関わるだけに、着地点を見いだすのは難しそうだ。

 「(21年春入社となる)現在の2年生が3年生と同じスケジュールで動くことができるならば、混乱が起き…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです