メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米サイバー戦略

「攻撃的に対処」 防御中心から転換

 ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は20日、トランプ大統領が新たなサイバー戦略を承認したことを明らかにした。外国からのサイバー攻撃に対し「より攻撃的に対処する」と強調し、防御中心だったオバマ前政権の方針を転換すると表明。日本など同盟国との連携を強化する方針も示した。

 中国による米政府機関や企業の機密窃取やロシアによる11月の米中間選挙への干渉懸念が強まる中、ボルトン氏は電話会見で「強固な抑止体制を構築する」と強調した。

 新戦略は中露のほか北朝鮮、イランを脅威と名指しした上で、サイバー空間で米国の優位性を無力化しようと…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです