新潮45

杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
佐藤隆信社長名で出された「新潮45」の特別企画に関する新潮社のコメント
佐藤隆信社長名で出された「新潮45」の特別企画に関する新潮社のコメント

 月刊誌「新潮45」が性的少数者(LGBTなど)を「生産性がない」などと否定する杉田水脈衆院議員の寄稿を掲載し、更に最新10月号で擁護する特集を組んだ問題で、発行元の新潮社は21日、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現が見受けられた」と認める佐藤隆信社長名のコメントを発表した。この問題で社としての見解を公式に示したのは初めて。明確に謝罪はしていない。

 コメントでは「言論の自由、表現の自由、意見の多様性、編集権の独立の重要性などを十分に認識し、尊重してきた」と説明。その上で10月号の特別企画「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」の「ある部分」に問題があったと認め、「今後とも、差別的な表現には十分に配慮する所存です」と続けている。「ある部分」が何を指すかは明らかにしていない。

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1276文字)

あわせて読みたい

注目の特集