メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中川環境相

バイオマスプラ出荷量50倍へ 30年目標

 カナダ東部ハリファクスで開催中の主要7カ国(G7)環境・海洋・エネルギー相会合の関連イベントで、中川雅治環境相は20日、動植物由来の原料(バイオマス)で作られ、環境への影響が小さいプラスチックの国内年間出荷量を、2030年に197万トンに増やすことを表明した。

 プラスチックごみによる海の汚染が問題になる中、日本は6月のG7首脳会議(サミット)でプラごみ削減の数値目標を含む「海洋プラスチック憲章」に賛同せず、非政府組織(NGO)などから批判されている。

 日本バイオプラスチック協会によると、17年の出荷量は約4万トン。現状の約50倍もの目標を示し、対策への積極姿勢を国際社会にアピールする狙いがある。政府が16年に閣議決定した「地球温暖化対策計画」でも同じ数値目標が記載されているが、高価なため普及していない。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです