滋賀

「イナズマロックフェス」10年目 22日から

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「イナズマロックフェス2017」会場の様子=イナズマロックフェス2018実行委提供
「イナズマロックフェス2017」会場の様子=イナズマロックフェス2018実行委提供

 滋賀県出身のアーティスト、西川貴教氏(48)が「音楽を通じて地元に恩返しを」と2009年から始めた音楽フェス「イナズマロックフェス」が今年、10年目を迎えた。22日から3日間、同県草津市下物町の烏丸半島を会場に開催される「イナズマロックフェス2018」は、初の3日間公演を予定。琵琶湖の環境保全と地域振興をテーマに掲げ、湖国と共に歩み続けてきた「イナズマ」の軌跡を振り返る。

 「最近夏場に全国各地でロックフェスティバルが行われていますが、開催できる会場は関西でも限られています。そういうのを県内でできればいいなと思っているんです」

この記事は有料記事です。

残り1809文字(全文2075文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集