メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テントウムシ

羽の模様の遺伝子特定 愛知の研究グループ

正常な模様のナミテントウ(上左)とナナホシテントウ(同右)と、パニア遺伝子の働き(機能)を阻害して赤みを帯びたナミテントウ(左下)とナナホシテントウ(同右)=基礎生物学研究所提供

 自然科学研究機構基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの共同研究グループは21日、テントウムシの羽の模様を決める遺伝子の特定に成功したと発表した。英科学誌「ネイチャー コミュニケーションズ」電子版に掲載された。

 共同研究グループの新美輝幸・基礎生物学研究所教授(分子昆虫学専攻)によると、ナミテントウのゲノム(遺伝情報)を解析し、「パニア遺伝子」と呼ばれる遺伝子に、黒色色素の合成を促す一方で、赤色色素の沈着を抑制する働きがある…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 福岡、長崎、佐賀に大雨特別警報 数十年に1度の規模、警戒呼びかけ

  3. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  4. 埼玉県、倍増の600床確保へ 感染拡大傾向で病床数判断引き上げ

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです