メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

旅客便正常化 浸水対策、抜本見直しへ

 台風21号による高潮で浸水被害を受けた関西国際空港は21日、第1ターミナル(T1)北側が稼働し、旅客施設が全面的に再開した。第2ターミナルと合わせた空港全体の旅客便数は発着で464便と被災前の水準(1日約480便)までほぼ回復した。国際拠点空港としての旅客機能を取り戻したことを受け、空港を運営する関西エアポートは防災対策を見直す対策チームを発足させた。一方、貨物地区では浸水被害が大きく、復旧作業が続いている。

 21日はT1で国内線84、国際線305の計389便が発着し、旅客便数では本来の93%に戻った。同社…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文889文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです