司法試験

最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
司法試験の合格発表で自分の番号を探す受験者たち=東京・霞が関の法務省前で2018年9月11日、和田武士撮影
司法試験の合格発表で自分の番号を探す受験者たち=東京・霞が関の法務省前で2018年9月11日、和田武士撮影

 今年の司法試験に、現行試験制度が始まった2006年以降最年少となる19歳4カ月で合格した慶応大法学部1年の栗原連太郎さんが、同大広報を通じた毎日新聞の取材に書面で応じた。栗原さんは昨年、法科大学院を修了せずに受験資格を得られる「予備試験」を史上最年少の18歳6カ月で突破。今回の合格を「周りの人たちへの感謝と、安堵(あんど)の気持ちでいっぱい」と喜びつつ、「最年少」については「結果として伴ったものにすぎず、特段の意識はない」との感想を記した。

 慶応普通部(中学校)時代から「生活に密接に関わる法律の奥深さや幅広さに興味を持っていた」という栗原さん。検事や弁護士が登場するドラマを見ていた影響もあったと振り返る。「大学受験がない分の時間を有意義に過ごしたい」との思いもあり、慶応高校に入学すると同時に司法試験の勉強を本格化させた。

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1310文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集