メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

除斥根拠「賠償請求権なし」国、書面で主張

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、東京都内の男性(75)が東京地裁で国に賠償を求めている訴訟で、約60年前の手術自体が違法だったとする原告側の主張に対し、国側が民法の「除斥期間」を理由に賠償請求権が消滅したと反論する。関係者が取材に明らかにした。旧優生保護法を巡る一連の訴訟で国側が除斥期間を主張するのは初めて。次回の期日に向けて地裁に提出した書面に記載した。

 民法は除斥期間について、不法行為から20年で賠償請求権が消滅すると規定している。関係者によると、原…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. 2件の殺人「告白」の死刑囚に無罪判決 東京地裁「告白内容は信用できない」 
  3. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  4. 京都・祇園 愛される芸妓へ一歩 「襟替え」
  5. F35戦闘機、105機購入へ うち42機は「空母」向けのF35B

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです