特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球県大会

1回戦 習志野、サヨナラ勝ち 東海大市原望洋は大勝 /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第71回秋季県高校野球大会(県高野連主催、毎日新聞社など後援)が22日開幕し、市原市のゼットエーボールパ-クなど6球場で1回戦16試合があった。夏の西千葉大会4強の習志野はサヨナラ勝ちし、東千葉大会4強の東海大市原望洋は大勝した。佐倉は延長十四回タイブレークの末にサヨナラ勝ちした。

 23日に1回戦の残り16試合が行われ、夏の甲子園代表の木更津総合は東京学館と対戦する。中央学院は夏の西千葉大会決勝の再現となる東京学館浦安と初戦を迎える。【秋丸生帆】

「夏の経験に差」

 ○…夏の東千葉大会8強の拓大紅陵と西千葉大会4強の習志野の強豪同士が初戦で対戦し、1点を争う投手戦となった。四回に先制された拓大紅陵は、六回にソロ本塁打で同点とした。主将の伊場大翼捕手(2年)が盗塁を3度阻止するなど再三のピンチを切り抜けたが、九回1死二塁から右翼に二塁打を打たれてサヨナラ負けした。澤村史郎監督は「夏を勝ち上がった経験の差がでた。この1点を確実に取っていけるチームを作っていく」と前を向いた。

 ▽1回戦

京葉工 002000302=7

浦安  010300100=5

君津

  300000041=8

  000101000=2

我孫子二階堂

船橋 000003000=3

安房 000000001=1

船橋東  0000000=0

千葉敬愛 130202×=8

 (七回コールド)

幕張総合  0000000=0

千葉経大付 401200×=7

 (七回コールド)

松戸国際 00010102000020=6

佐倉   00200000200021=7

 (延長十四回、十三回からタイブレーク)

我孫子

  0000100100=2

  0000020001=3

市柏

 (延長十回)

拓大紅陵

  000001000=1

  000100001=2

習志野

津田沼 000000100=1

翔凜  10002000×=3

市川南

  0000000=0

  001206×=9

東海大市原望洋

 (七回コールド)

専大松戸

  0200000001=3

  0000011000=2

千葉明徳

 (延長十回)

敬愛学園

  010000400=5

  000000000=0

日体大柏

一宮商

  0002100000=3

  0101001001=4

市千葉

 (延長十回)

佐倉南 000010100=2

柏の葉 20040000×=6

昭和学院

  000000010=1

  20020010×=5

匝瑳

千葉西 010000=1

銚子商 350003=11

 (六回コールド)

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする