メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

激動の幕末・福井を感じて 龍馬の初公開書簡も 歴史博物館 /福井

幕末期に伝来したと見られるカノン砲の模型=福井市大宮2の県立歴史博物館で、塚本恒撮影

 明治維新から150年に合わせ、福井市大宮2の県立歴史博物館で22日、特別展「幕末維新の激動と福井」が始まった。坂本龍馬が福井藩士に宛てた花押付き書簡など初公開資料を含む、幕末期の福井に関連する約100点が展示されている。11月4日まで。

 県によると、龍馬の花押がある書簡の原本は国内唯一という。ほかにも、青年期の西郷隆盛が福井藩士に宛てた書簡や橋本左内の紋服など約10点が初公開。同館の学芸員、大河内勇介さん(36)は「倒幕派と佐幕派が対立していた幕末に、福井藩が身分に関係なく、議論によって政治をしていこうと模索していた歴史を、展示資料から感じてもらえ…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです