特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季高校野球

県大会 東海大甲府が圧勝 甲府城西も4強進出 /山梨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第71回秋季関東地区高校野球県大会(県高野連主催、毎日新聞社など後援)は22日、山日YBS球場で準々決勝2試合があった。甲府城西は甲府一を降し、東海大甲府は日本航空にコールド勝ちし、それぞれベスト4進出を決めた。23日は同球場で準々決勝2試合が行われる予定で、4強が出そろう。【金子昇太】

甲府一打線不調

 <山日YBS球場>

 ▽準々決勝

甲府一

  000001000=1

  02200001×=5

甲府城西

 (一)清水、猪股-椚

 (城)橘田-村松

▽二塁打 村松、久保、雨宮、辻(城)

 甲府城西は二回、村松の適時二塁打で2点を先制。三回には長沢、久保の連打で好機を広げ、三沢の犠飛などで2点を追加した。甲府一打線は六回、3連打で1点を返すものの、相手投手に13奪三振、4安打に抑えられた。

日本航空粘れず

 ▽同

東海大甲府

  0004700=11

  2002000=4

日本航空

 (七回コールド)

 (東)加藤-関口

 (日)脇坂、青山、明石-金井、毛呂

▽本塁打 加藤(東)紙本(日)

▽三塁打 横井(日)

▽二塁打 鈴木2、小林、渡部(東)東(日)

 東海大甲府は四回、連続適時打で4点を挙げ、逆転に成功。五回には加藤の左越え本塁打など打者一巡の猛攻で7点を追加し、突き放した。日本航空は四回、紙本の本塁打で同点に追い付くが、投手陣が踏ん張れなかった。


 ■球音

投打磨いて貢献したい 甲府一・猪股寛太右翼手(1年)

 今大会が初の公式戦出場だった。2回戦では左中間を破る三塁打、3回戦では左越え本塁打を放ち、チームに大きく貢献した。「今一番勢いに乗っている」(窪田新監督)として準々決勝では先頭打者に抜てきされた。

 だが、序盤の2打席は三振と内野ゴロ。「狙い球を絞れず、中途半端なバッティングになってしまった」。打線を勢い付けることができず、唇をかんだ。

 4点を追う六回。2死走者無しで迎えた3度目の打席。「狙って打て」の監督の指示通り、狙い球の直球が高めに浮いたのを見逃さなかった。打球は中前に抜け、チーム初安打。続く2、3番打者も安打を放ち、生還。1点を返した。だが、反撃もここまでだった。

 五~八回にはマウンドも託され、被安打2、自責点1と好投するもチームは敗退。「打撃も投球も、もっと磨いてチームに貢献したい」

 公式戦3試合を経て、投打で確かな手応えを感じたチームの若き柱は、しっかりと前を向いた。【金子昇太】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする