リニア中央新幹線

青木川工区 残土対策など説明 大鹿村民向け JR東海 /長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 リニア中央新幹線建設に伴い、大鹿村内の伊那山地トンネル(約15・3キロ)の青木川工区(約3・6キロ)について、JR東海は21日、村民向け説明会を村交流センターで行った。約60人に事業概要、残土などの運搬車両運行計画、環境保全対策などを説明した。

 計画では国道152号の拡幅・改良工事を10月以降、トンネル掘削のための作業場整備を2019年初めごろに実施。同年夏ごろに青木川非常口(作業用トンネル)から掘…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

あわせて読みたい

注目の特集