メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それゆけ!体験隊

風船パフォーマンス たやすく見せる難しさ 危険と隣り合わせ プロの技 /岐阜

 細長い風船を使っていろいろなキャラクターを作り出したり、大きな風船の中にスッポリ入り顔だけ出して跳びはねたりと、子供たちに笑顔を届ける池田町の大道芸人「風船太郎」(本名・香田英一)さん(50)。風船の中に入る瞬間は怖くないのか、中からはどんな景色が見えるのか、実際に体験してみた。【渡辺隆文】

 最初に教えてもらったのは、風船による動物の作り方だ。香田さんが細長い風船を手にすると、口元を広げ一気に息を吹き込む。すると、あっという間にバナナのように膨らんだ。ところが記者がやってみると、全然空気が入らない。結構な肺活量が必要で、頭がくらくらする。「そんな簡単にはできませんよ」と香田さんは笑った。

 仕方なく空気入れを使い風船を膨らませた。定番のプードルを作ってみたが、風船をねじる作業では「途中で割れるのでは」とハラハラしながら何とか完成させた。

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです