メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それゆけ!体験隊

風船パフォーマンス たやすく見せる難しさ 危険と隣り合わせ プロの技 /岐阜

 細長い風船を使っていろいろなキャラクターを作り出したり、大きな風船の中にスッポリ入り顔だけ出して跳びはねたりと、子供たちに笑顔を届ける池田町の大道芸人「風船太郎」(本名・香田英一)さん(50)。風船の中に入る瞬間は怖くないのか、中からはどんな景色が見えるのか、実際に体験してみた。【渡辺隆文】

 最初に教えてもらったのは、風船による動物の作り方だ。香田さんが細長い風船を手にすると、口元を広げ一気に息を吹き込む。すると、あっという間にバナナのように膨らんだ。ところが記者がやってみると、全然空気が入らない。結構な肺活量が必要で、頭がくらくらする。「そんな簡単にはできませんよ」と香田さんは笑った。

 仕方なく空気入れを使い風船を膨らませた。定番のプードルを作ってみたが、風船をねじる作業では「途中で割れるのでは」とハラハラしながら何とか完成させた。

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1356文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです