動物愛護イベント

動物の命、尊さ知って 愛護教室など 伊賀・モクモクファーム /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 伊賀市西湯舟の伊賀の里モクモク手づくりファームで22日、動物愛護週間(20~26日)にちなんだイベント「動物愛護DAY」があった。動物愛護教室や獣医体験など多彩な行事を通し、家族連れが命の尊さを学んだ。

 動物の命をもらって人が生きていることに感謝し、命を敬う心を育んでもらおうと、県と同ファームが2013年から開いている。

 愛護教室では、公益財団法人「県動物管理事務所」の高山覚さんが料理や皮革製品など人間の生活は多くの動物の命の上に成り立っていることや、動物にも人間と同様に感情があることなどを話した。続いてアイガモとポニー、人間の心臓の音を心音計で聴き比べ、大きな動物ほど心臓の鼓動が遅いことを紹介。みんな命ある仲間だと説き、「食べ物は残さないで」「ペットを大切にしよう」と訴えた。

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集